インフォメーション

2016/02/08 10:07

施肥シーズンですよ♪

こんにちは。

庭師の樹楽でございます。

 

一年で一番寒い2月に入りましたが、気温の差が激しいですよね!

エルニーニョ現象で暖冬と言われたように暖かい?暑い?日があれば、

雪が降り注ぐ日が続いたりと、

もうホントに体がおかしくなりそうですよね(T_T)

 

先日、お客様宅で剪定しているときに、

「今年は季節外れの花が色々と咲き出してビックリしてるの」

と施主さまとお話ししているときに、蝶(キチョウ)が飛んできた時は流石に目が点になりました(^_^;)

 

とはいえ、2月なのでまだまだ寒い日が続きます。

大切な庭木の体質を強化して丈夫な樹木に育てあげるためには、この寒い時期が大変重要になってくるのです。

 

寒肥ってご存じですか?

庭木の生育が旺盛になる春に効き目が現れる様に冬の間に肥料を与えることを言います。

 

主に必要な養分は、

葉の色を濃くし葉を大きく、茎を太く高く生育する「チッ素」と

花つきや結実を促進させるための「リン酸」、

根や葉茎の発育や抵抗力をつける「カリ」が

重要となります。

 

これらを考慮しながら、それぞれの庭木に肥料を上げていくことが大事なんです。

 

ご自分でなされておられるのでしたら問題はないのですが、

木々に合わせた分量や肥料の種類など悩まれることも多いかと思います。

 

少ないと当然のように、葉色が悪く花数が減少したり、開花や結実がしなかったりと発育不良になります。

反対に多すぎた場合は、枝が徒長し、病気にかかりやすく花つきが悪くなったり、石灰や苦土の吸収をさまたげ根腐れすることがあります。

 

肥料成分が欠乏すると成長に悪影響を及ぼすだけではなく、様々な病害虫に対する抵抗力が弱くなります。

 

樹楽では、上記の事を考慮し施肥をさせて頂いております。

 

できれば2月中の施肥がよろしいかと思いますので、お早めにご相談下さい。

ご希望日時に合わせ対応させて頂きたいと考えております。

 

お見積り・ご相談は無料ですので、まずは「樹楽」までお気軽にご連絡下さいませ。

心よりお待ちしております。

 

樹楽 造園

 

631-0065

奈良市鳥見町3-13-12

0742-55-7173